蔵王連峰 不忘山(御前岳)

 悲しいこと言わないでよ。悲しいよ。らしくないよ。最近では良い薬も出ているらしいし。ボクはまた絶対会えると信じている。あの時だってそうだよ。だからボクはサヨナラは云わない。ブログも書き続けるよ。だから読んでね。メッセージだってずっと待ってる。あなたはボクの生涯の唯一無二のザイルパートナーだからね。これから先だってそうさ。こんなことはもう言えないのかもしれないけど、気持ちもあの頃のままです。

 2019年4月7日

 少し前に「さわね」に提案した山ですが、反応が無かったので独りで出かけます。
 前夜にBBRⅡ号を走らせ国見SAで仮眠。5時に起きようかと思っていましたが、疲れているのか少し寝坊してしまいます。
 白石インターで高速を降りて、コンビニで朝食を済ませます。
 再びBBRⅡ号を走らせ、白石スキー場駐車場へ。
 準備をして歩き出します。午後には風も強くなるという予報なので午前中には山頂を往復しておきたいなと考えます。
 ほとんど雪の消えたスキー場を歩いて行きます。
 
画像


 ゲレンデトップ近くになると雪が繋がる様になり、スノーシューを履きます。
 
画像


 ゲレンデトップからは灌木の藪の中を歩いて適当に見定めた東尾根を目指します。
 
画像

画像

 
画像

 
 ブナだらけの中を行く場面もあります。
 
画像


 東尾根の乗ると水引入道(?)が見えてきます。
 
画像


 東尾根を辿ります。
 
画像


 山頂が見えてきます。
 
画像


 スノーシューでは歩きにくくなってくる処もあり、デポします。やはり日本の山はワカンでしょうか。
 やっとの思いで三角点山頂です。
 
画像


 南屏風岳方面だと思われますがガスでよくわかりません。
 
画像

 
 後烏帽子岳(?)方面
 
画像

 
 街の方の展望
 
画像

 
画像


 山頂の蔵王刈田嶺神社。祈りました。願いました。
 
画像


 ◆タイム 白石スキー場駐車場6:45-ゲレンデトップ7:38-山頂9:55-ゲレンデトップ11:33-白石スキー場駐車場12:06

 ◆地形図 「不忘山「白石」