奥多摩 小怒田ノ尾根~鋸尾根

 桜の開花宣言が出ました。暖かい日が続きますが昨日のように真冬のような日がまだあるようです。ご自愛くださいね。
 メッセージは事情もあるだろうし体調の事もあるので遅くなってもいいですよ。でも、あまり時間が空いてしまうと心配してしまうのも事実です。ワガママ云ってごめんね🙇

 2019年3月23日

 東北の残雪に遊びに行こうかと思いましたが、天気予報の風速が強そうなので奥多摩に転進です。
 前から気になっていた小怒田ノ尾根から大岳山へと向かいます。
 小怒田ノ尾根は昔の「岳人」の小さな記事で知ります。
 武蔵五日市の駅に降り立った頃、雪が降り出します。(その内やみます。)
 テンションがガタ下がりで帰ろうかと思いましたが「むらき」にも行きたいので歩く事にします。
 「藤倉」行きのバスに乗り千足バス停で降ります。
 少し進んで千足沢を渡った先にある石階段から取り付きます。お地蔵さんと戦没者の碑があります。
 奥多摩のバリエーションルートにありがちなザレザレの急坂を登って行きます。
 
画像

 
 途中で黒っぽい大きな岩があり、チラッと見えた時は熊かと思ってしまいます。
 
画像

 
久しぶりの山歩きなので、なんだかすぐに疲れてしまって何度も休みながら、やっとの思いで高黒岩の基部に着きます。
 
画像

 
 この高黒岩部分を処理するのに、あっちうろうろ、こっちうろうろとルートを探すのに結構な時間を費やしてしまいます。ルートを探すセンスが私にはあまりない事が、一人で歩くようになって判った事です。
 どうにか弱点を見つけて登って行きます。ルンゼ(このルンゼには下に小さな涸れ滝もある)の右の壁にルートをとります。
 
画像

 
 落ちたら今日中には帰れないでしょう。
 岩がボロボロでかなり危ういです。なんとか木や木の根っこを頼りに登り切ります。久々に感じたヒリヒリ感です。
 安全圏まで上がった所に赤テープがあったのでこのルートが登られているルートなんだと知ります。
 高黒山からはしっかりした踏み跡が富士見台がある登山道まで導いてくれます。
 
画像

 
 その後は登山道を使い大岳山と鋸山をトラバース道で処理し、鋸尾根を使って奥多摩駅へ向かいます。
 ♪大岳山にはもう何度も行きましたね~♪←マイペースの「東京」のメロディーで
 再び雪が降り出し笹の葉が薄っすら白くなります。
 
画像


 とにかく寒い1日でした。

 ◆タイム 千足バス停8:07-高黒山10:36-登山道(富士見台)10:58

 ◆地形図 「五日市」「武蔵御岳」「奥多摩湖」