越後 桂山

 春らしい日々がありますが、一日の寒暖差が大きく身体にはこたえる季節です。時折、冷たい雨が降ったりしていますが、体調はいかがですか?寒かったり暖かだったりなので心配しています。

 2019年3月3日

 いくつか「さわね」に山行の提案をしますが、反応がありません。それならばと前から温めていた桂山の計画を実行します。
 BBRⅡ号を前夜遅くに高速へ乗せます。谷川PAで仮眠し、朝に六日町ICでBBRⅡ号を高速から降ろします。最寄りのコンビニで朝食を済ませ、南魚沼市法音寺集落へ向かいます。
 他の記録を拝見すると日吉神社から登っている記録が多くみられます。私は亀福寺(きふくじ:真言宗智山派・
愛宕山亀福寺)の裏から尾根に取り付きます。
 取り付いてツボ足で2~3歩歩きますが、雪がモナカ状ですぐにワカンをつけます。
 最初は人工林の中を歩いて行きますが人工林は徐々に後退し自然林の尾根へと変わります。
 
画像

 
 尾根は地図から受ける印象とは違いやや複雑です。
 
画像

 
 地図から見つけておいた穏やかそうな場所は現地に行っても気持ちの良い穏やかな場所です。
 
画像

 
 ひとつ急登をこなすと日吉神社からの尾根が合わさります。古い(?)トレースが付いています。ここからは南側の展望も木々の間から楽しめるようになります。
 
画像

 
 稜線は所々雪が切れていて、藪が顔を出している部分もあります。雪の状態も含めて厄介な処が何か所もあり、心が何度か折れそうになります。
 痩せ尾根が現れたり、小ピークがアップダウンを私に迫ります。
 
画像

 
画像

 
画像

 
 画像で見るより雪の状態はかなり悪いです。
 山頂が近づいてきますが(中央部分)、肩へ続く尾根に藪が見られます。
 
画像


 途中で右足のワカンのベルトが切れてしまいます。持ち合わせの細引きで直そうかと思いましたが、「相手が石と藪と雪の混合ならこっちだって!」と右足にアイゼンを装着します。
 左足はワカン、右足はアイゼンという変な恰好に成ってしまいましたが、なかなかいい塩梅です。
 肩の直下でようやく雪の状態がまともに成ってきます。
 
画像


 やっとの思いでヘロヘロになりながら肩に到着します。八海山が良く見えます。
 
画像


 山頂への穏やかな登りをこなすと・・・
画像


 山頂です。
 
画像


 山頂は大展望です。坂戸山方面(?)
 
画像

 
 金城山
 
画像


 巻機山方面
 
画像


 ?方面
 
画像


 桑ノ木山、ネコブ山、下津川山方面。左中央下付近にしゃくなげ湖が見えます。(見える?)これらの山々や巻機山には優しい思い出達が今も眠っています。私は大きな声を上げて叫んでしまいます。
 
画像


 八海山(中央付近)と高倉山(右中央付近)、その奥には中ノ岳?
画像


 登って来た最後の尾根を振り返る。
 
画像


 名残惜しいですが、少しまったりした後、下山です。
 登って来たルートをそのまま下れないのがこの季節です。北側のあやうい斜面を多用し、下って行きます。登るのと同じくらい気を使い疲れてしまいます。
 何とか無事に下山します。
 山の季節の流れが半月程早いような気がします。今年の桜も早いのでしょうか?

 ※画像はクリックして大きくして見てね。

 ◆タイム 亀福寺裏7:30-山頂11:33-亀福寺裏14:30
 
 ◆地形図 「六日町」

 
画像


 
画像