中央線沿線以北 金ケ岳~茅ケ岳

 年が明けて、いわゆる厳冬期が近いづき、寒さが増しています。いかがお過ごしですか?お正月は穏やかに過ごせたでしょうか?まだまだ寒くなると思います。ご自愛くださいね。インフルや風邪などひかぬように気を付けてください。僕の方は相変わらずです。岩魚の解禁や桜の季節までもうちょっとです。

 2019年1月12日

 今回の山行はひとりで出かけたかった事もあり、誰にも声をかけずに出かけます。
 BBRⅡ号を操り、中央道を韮崎へ。韮崎からは明野ふれあいの里へ向かい、ふれあいの里近くの金ケ岳登山道入口付近にBBRⅡ号を待たせます。
 看板に従って金ケ岳登山口への林道に入ります。
 
画像


 少し林道を歩くとゲートが季節限定で閉まっています。ゲートを越えて舗装されている林道を少し左に行くと金ケ岳の登山道があります。
 
画像


 登山道に入ると、登り一辺倒です。でも登山道は良く整備されています。
 
画像


 木々の間から茅ケ岳も見えます。
 
画像


 積み木で作ったような標識(勝手なイメージ)を見ながら、金ケ岳を目指して登って行きます。背中には鳳凰三山や甲斐駒ヶ岳が見え、左手には八ヶ岳が見えますが木々が少し邪魔をしています。
 
画像

 
画像


 ヘロヘロになりながらも山頂を目指します。最近はすぐに疲れてしまうので歳を感じます。
 疲れとは反比例に景色は良くなっていきます。
 八ヶ岳が見えだします。
 
画像


 茅ケ岳も大きく見え始めます。
 
画像


 山頂に近づくとちょっとした岩場が出てきます。短いながらもなかなかスリリングで少し緊張します。
 金ケ岳とその隣のピークが大きく見えます。霧氷でしょうか?一部、木々が白くなっています。
 (左が金ケ岳山頂ピーク)
 
画像


 やっとの思いで金ケ岳山頂に到着です。疲れました。
 
画像


 鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳が見えます。
 
画像


 遠くには南アルプスでしょうか?
 
画像


 おやつを少し食べて一服して、茅ケ岳へ向かいます。茅ケ岳までは思ったより遠くに見えて少しくじけそうになります。
 
画像

 
画像

 
画像


 途中には初めて知ったのですが、石橋があり、その中をくぐって行きます。振り返った時は少し怖くなります。
 
画像

 
画像


 大きく下って、茅ケ岳への登りにかかります。やはりきついです。
 やっとの思いで茅ケ岳山頂です。
 山頂からの景色です。
 金ケ岳と八ヶ岳の景色からぐるっと。
 
画像


 鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳
 
画像

 
画像

 
画像

 
画像

 
画像


 天気もなんとかもってくれて弱いながらも太陽が優しい陽を運んでくれます。
 富士山もなんとか見えています。
 
画像


 景色を説明する模型もあります。
 
画像


 さぁ。食事にしましょう。カップラーメンの出来上がりを待つ僕。
 
画像


 伝わると良いな~。
 
画像


 下山開始です。結構急な斜面の下降から始まります。
 
画像

 
 下山途中から見た茅ケ岳。
 
画像


 この千本桜コース(?)は季節がらなのかどうかわかりませんが、あまり、歩かれていないようです。
 途中で少し岩っぽい処もありますが、問題なく降りて行けます。
 尾根が広くなってくると、踏み跡が薄くなってきて迷いそうになります。
 
画像

 
画像


 林道終点に着きます。
 
画像


 千本桜公園には焚き火跡。たくさん、桜は植わっていますが、手入れはされているのでしょうか?個人的イメージでは痛んでいる桜が多いような気がします。でもこれだけの桜が咲いたらきっとすばらしい景色を生み出すのでしょう。
 
画像

 
画像


 公園からは林道を辿って行きます。開いているゲートから舗装されている林道に入ります。林道からは金ケ岳が見えます。
 
画像

 
画像


 最後に林道の登りが泣かせてくれます。(途中でカモシカを見ました。)
 
画像

 
 やっとの思いで閉まっているゲートまで戻ります。
 
画像


 林道を下って、明野ふれあいの里近くの金ケ岳登山口に停めてあるBBRⅡを迎えに行きます。
 明野ふれあいの里はエアコン付きのロッジもあり、オートキャンプも出来るようです。
 
画像

 
 珍しく渋滞のない中道央を帰路に着きます。

 ◆地形図 「茅ケ岳」「若神子」

 ※画像はクリックして大きくして見てみて。