一ノ瀬川水系・中瀬川遡行~中島川下降~中段林道~本谷下降

 新しい1年のページが開かれます。おめでとう。毎日が幸せ色に染まる様にお祈りしています。
 今年は本当に変な気候が続きます。体調はいかがですか?ご自愛くださいね。

 ボクの方は台風が全て(?)抜け去り、咳も少し収まってきました。若い頃はこんな事はなかったのに最近は季節の変わり目で喘息が出るようになってしまいました。

 八島ヶ原湿原はそうだったのですね。時間は違えど同じ空間に立てた事が嬉しいです。

 2018年10月7日~8日

 天気予報が良かったので南会津に行こうかと思いましたが、あっと言う間に予報が変わってしまって断念。急遽、思いついたのがこの計画で、多摩川源流部のミニ山旅に変更します。
  この計画はどこかの転進案だったり、急な提案だったので「さわね」からの同行者はいません。
 今回は「ブラック・ブラック・レインボー号Ⅱ」を連れて行きます。
 
画像


 お世話になっているショップのステッカーと最近は添加剤しか見なくなった「STP」のステッカーです。あまり山には関係ないですね。
 
画像


 「BBRⅡ」を青梅街道に乗せ、奥多摩を通り、丹波村を越え、一之瀬林道に入ります。一之瀬林道を辿り、作場平に「BBRⅡ」を待たせます。入渓点の「中島川橋」は過ぎてしまって居るので、そこまで徒歩で戻ります。「その日が来たら」号を連れてこようかと思いましたが、2km弱なので家で待機です。

 中島川橋に到着後、左岸の林道を辿って入渓点に向かいます。
 
画像


 遡行準備をして中島川に入渓です。タイトルでは中瀬川が頭に来ていますが、厳密に云うと中瀬川は中島川の支流です。
 
画像


 しばらく行くと、中瀬川出合いです。
 中瀬川は流れが貧弱でボッサぽく、倒木またぎから始まります。
 段々沢が開けてくると何もないはずの沢に4m程の滝が現れます。
 取り付いてみると登れそうなので登ります。久々の滝登りなので緊張します。
 
画像


 この滝を越えた後は出合からは想像がつかないナメが断続的に続きます。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 そうこうしているうちに下の登山道にぶつかります。すぐ上はナメ滝です。
 
画像


 振り返ると富士山です。
 
画像


 その後は傾斜の強くなったナメを巻いたり、登ったりしながら進みます。最終版はガレガレの斜面を這い上がり、稜線登山道に出ます。
 
画像

 
画像

 
画像


 登山道を黒槐ノ頭方向へ歩き、中島川の下降点に立ちます。
 
画像


 沢筋を覗いて見るとかなりの傾斜です。一瞬躊躇しましたが、何とか下降していきます。
 少し落ち着いた頃、振り返って傾斜を画像に納めます。
画像


 どんどん下降していきます。
 
画像


 途中で面白い岩もあります。
 
画像


 中島川のナメが始まります。
 
画像


 今回は特に厳密な計画も立てていない山旅です。そうは言っても考えていたおおよその計画より全然進んでいません。しかし目の前に現れたのはかなり良い物件。進むか行動終了か迷いましたが後者を選び、行動終了。
 
画像


 テントを張って、焚き火を熾し、酒を呑み、飯を食って寝袋に入ります。ラジオを聴きながら酒を呑んでいると睡魔に負けうとうとと・・・。それでも一人の夜は熟睡できません。近くで鹿が鳴いています。


 夜、星が見えないな~と、思っていたら、朝はガスが立ち込めています。昨日の予報では晴れだったのに・・・。
 朝の予報は午後から雨の予報。変わってしまっています。早いうちに山旅を切り上げましょう。
 朝の一連の作業を終え、ガスの沢を下降していきます。何か不思議な感じです。
 
画像

 
画像

 
画像

 
画像


 しばらくで中段林道(巡視路)にぶつかります。
 
画像


 それを辿ると登山道にぶつかりますが更に中段林道を進みます。
 
画像

 
 やがて本谷を渡ります。そこから本谷を下降します。この上流は水干沢や黒エンジュ沢があります。
画像

 
画像

 
 すぐに登山道にぶつかります。そこからは登山道を辿り作場平に戻ります。
 
画像

 
 「BBRⅡ」はおとなしく待っていてくれたようです。

 ◆タイム 7日 中島川橋9:56-中瀬川出合10:05-下の登山道11:48-縦走路(稜線登山道)13:26-中島川下降点13:53-下の登山道15:02-標高1600m付近幕場15:22  幕場9:12-中段林道(巡視路)9:52-本谷下降点11:20-登山道11:51

 ◆地形図 「雁坂峠」