霧ヶ峰 東俣川観音沢

 2018年9月24日

 諏訪市市営のキャンプ場、霧ヶ峰キャンプ場で目を覚ます。
 一連の朝の作業はいつもの通りです。
 「我が青春のマイベストフレンド」号を八島ヶ原湿原の駐車場に移します。
 「その日が来たら」号を始動させるべく、県道を見に行くと、なんとそこには「工事の為全面通行止め」の看板が立っています。
 「その日が来たら」号で観音沢の出合まで行き、遡行後、「我が青春のマイベストフレンド」号で回収予定だったのです。
 このまま、八島ヶ原湿原を散策して帰るか。出合まで行って途中まで遡行して帰るか、かなり迷います。
 かなり迷った結果、「我が青春のマイベストフレンド」号で出合まで行き(もちろんかなりの距離を迂回)、遡行後、ハイキング路を降りてくることにします。時間の検討がつかないのが不安です。
 「我が青春のマイベストフレンド」号を迂回させ、出合近くの駐車場(どの施設の駐車場か定かでないのですが、停めさせてもらいます)に停めさせてもらいます。
 遡行準備をして出発です。
 林道に入り、中部電力の施設を見送り、1つ目の橋から入渓します。水量が多いです。
画像


 川幅いっぱいに流れる水、ゴロゴロした岩が続き、渡渉を繰り返すような感じで遡って行きます。
 
画像

 
 途中で2人の釣り屋さんが上流から降りてきます。「沢登りなんだけど・・・」と、釣りが終わったかどうか話をします。「もう、帰る処」という事だったので遡行を続けます。
 しばらく歩いたのち、私も竿を出します。釣れません。竿を持ったままおたおたと移動します(釣り屋さんが竿を持ったままひょいひょい移動するのはすごいな~と思います)。
 10m位上流でもう一度挑戦です。釣れた~何年かぶりの手ごたえです。山女魚かな?小っちゃいのでリリースです。
 
画像


 釣りに真剣になりすぎてけっこう時間が経っているのに焦ります。
 遡行に専念します。
 支流のナメ滝を見たり、短いながらナメを越えたり、いきなり小さな滝で出合う支流を見たりしながら遡上していきます。
 
画像

 
画像

 
画像


 なかなか思うように歩けず、時間が経つばかりです。途中、ハイキング路が近づく処でハイキング路にあがってしまいます。
 
画像


 少し歩みを速めて、やっと屏風岩に到着です。屏風岩には「どうやってあんな処に観音様を上げたのだろう?」という場所に観音様が祀られています。
 
画像

 
画像


 ハイキング路は荒れている処もありますが何とか繋げて歩けます。
 
画像


 沢の流れは車山湿原からの流れを分けます。
 ビーナスラインの下をくぐりヒュッテみさやまの近くで八島ヶ原湿原への道の分岐に出ます。
 近くを流れる観音沢はかわいい流れになります。
 
画像

 
画像


 その後、八島ヶ原湿原を少し散策して、ハイキング路を入渓点まで戻ります。
 
画像

 
画像


 「我が青春のマイベストフレンド」号を国道299号線に乗せ、麦草ヒュッテの前を通り、帰路に着きます。
 観音沢は八島ヶ原湿原から流下する沢ですが、本当に何にもない沢です。

 ◆タイム 入渓点9:22-ハイキング路分岐12:20-八島ヶ原湿原散策12:35~12:50-ハイキング路分岐12:50-入渓点14:22

 ◆地形図 「霧ヶ峰」