八ヶ岳 鳴岩川白薙沢(治郎兵衛沢)

 急に涼しくなりました。急に暑い日があったりですが、体調はいかがですか?風邪やインフルエンザが早くも流行っているようです。ご自愛くださいね。と、言いつつ僕は9月上旬に風邪をひいてしまって、ぜんそくも併発してしまったらしく、今もってせきが止まりません。おかげでシルバーウイーク第一弾の連休は家で静かにしてました。

 2018年9月23日

 せきは出ますが、他に悪い処は無いので出かけます。
 今回は色々な作戦をたくらみ、「その日が来たら」号(折り畳み自転車)を「我が青春のマイベストフレンド」号に乗せて行きます。BBRⅡ号は「林道が非常に荒れている」という事でお休みです。
 超早起きして出発です。
 中央道、諏訪南インターで降りて目的地の桜平駐車場へ。駐車場は超満杯で路肩に仕方なく止めます。
 桜平駐車場の存在は今回初めて知ります。天狗岳まで日帰りできる事が驚きです。
 入渓はゲートをくぐって少し林道を辿り、初めて橋を渡る処が白薙沢の入渓点です。
 入渓してすぐの様子です。
 
画像


 自分好みのなかなかいい雰囲気です。
 
画像


 と、思ったら堰堤が出てきます。その後も1基出てきます。少し興ざめです。
 その後は小滝が出てきたり、小さなナメがあったり、ガレガレの山肌の中を遡って行きます。
 
画像

 
画像

 
画像

 
画像


 一生懸命歩いた所為でしょうか、1時間位で大滝に着きます。右側の尖った岩がカッコイイです。
 
画像


 大滝の拡大画像です。なんか登れそうなのですが、他の記事を読むと岩がボロボロで怖いとの事。あっさり巻きに入ります。
画像


 左岸のとんがり岩の拡大画像。この岩の後ろを巻いていきます。人の踏み跡がありビックリ
画像


 沢床に戻り、しばらく行くと水が枯れてしまいます。がれ沢を歩いて行くと西天狗岳が見えてきます。
 
画像


 がれ沢をどんどん登って行くと東天狗岳も見えてきます。
 
画像


 そうこうしているうちに「巻きの足跡」のパーティーに追いつきます。
 少しお話をさせてもらって先に行かせてもらいます。
 稜線に近づくにつれてハイカーの多さに驚かされます。
 稜線へは4~5m程の這松の藪を3回ほど漕いだだけで、うまく砂地(?)を繋げて上がれます。
 本沢温泉への分岐の鞍部です。(白いものは雪ではありません)
 
画像


 辿って来た谷筋です。
 
画像


 人込みを避け、根石岳の手前でお昼にします。見えるのは赤岳?
画像


 その後は登山道を辿って、桜平駐車場に戻ります。オーレン小屋の前は人だかりです。
 この夜は諏訪市市営の霧ヶ峰キャンプ場で泊ります。

 ◆タイム 入渓点9:07-稜線11:57

 ◆地形図 「蓼科」

 ※クリックで画像は大きくなります。大きくして見てね。