美ヶ原 武石川焼山沢川

 「観測史上始まって以来」とか「逆走台風」、「西日本豪雨」など(今日は山形が豪雨でやられました)、異常な気候が続き、猛暑も続いていますが体調は崩されていませんか?本当に心配しています。

 2018年8月5日

 初めて※BBRⅡを連れて行きます。
 「さわね」で一緒に行ってくれる人を募りますが、誰も居ません。一人で出かけます。
 美ヶ原は車で山頂近くまでいけますが、北側に「焼山登山口」というのをある雑誌で知ります。
 焼山沢川沿いを歩くコースというその記事を読んで、「焼山沢川を遡行してはどうだろう」と考えます。ネットで検索するとやはり好き者は居るものです。
 BBRⅡを登山口近くに待たせます。
 
画像

 
 登山道を少し辿り、堰堤を過ぎた辺りから沢に降ります。
 最初は藪っぽい川原の中にいくつも流れがあり、どれが本流筋だかわからなくなります。
 
画像

 
 段々すっきりしてきますが、ガラガラの石の川原歩きが続きます。私は川原歩きが好きなので一向に苦にはなりません。
 
画像

画像

画像

画像


 何度か登山道を渡り、遡行を続けると焼山の滝が見えてきます。
 
画像


 「雌滝」と呼ばれている滝も左岸に見えます。
 
画像


 残念ながら登山道からはこの2つの滝しか見られません。
 この滝の素晴らしさは本流の滝の一段目以降の幾つか現れる滝にあります。
 一段目は右を登り、二段目は左を小巻します。三段目は右の小さな流れに沿って登って行きます。
 簡単に登れるので楽しいです。
 それ以降の滝も段々になっていて容易に登れます。
 
画像

 
画像

 
画像

 
画像

 
画像

 
画像

 
画像

 
画像

 
画像


 今年の数少ない遡行の中でも一番の滝の様子です。
 最後の滝を越え、流れが「ひとまたぎ」できるほどに小さくなった処で遡行を終了し登山道にあがります。標高1740m付近です。
 
画像


 「何だか登山道の位置と地図が合わないな~」と思っていたらどうやら国土地理院の地図の登山道の表記位置が違っているようです。
 帰りは途中で昼食を摂りながら登山道をのんびり下ります。

 〇画像はクリックで大きくなります。見てね。

 ◆タイム 登山口9:20-標高1740m付近(遡行終了点)12:25-登山口14:30

 ◆地形図 (「武石」)「三才山」「山辺」(「和田」)

 ※「BBRⅡ」号:ホンダフィット3=新しい相棒だが実質まだ自分のものではない