奥多摩 天地山~大加沢沿い作業道下降

 2018年4月28日

 「奥多摩の味むらき」で知り合ったKさんに誘われて天地山に出かけます。
 天地山だけでは面白くないので天地山と鋸尾根の間の大加(おおかわ)沢を下降する提案をさせてもらいます。ガイド本では下降を始めて30分程で踏み跡が出て来るという事なので、それを使って降りれば水につからなくて済むと考えます。
 天地山へは青梅線白丸駅から向かいますが、地図の罠にはまり2回迷ってやっと取り付き点に着きます。相変わらず登山口探しにに弱いです。
 天地山は思ったより人が居てもはやバリエーションではないなと感じます。
 
画像

                      (画像提供:Kさん)

 天地山は北側しか開けてなく、他の方角は展望がありません。
画像


 少し山頂でまったりした後、鋸尾根側に下降します。
 鞍部まで降りて、鋸尾根に取り付く登りがきついです。
 疲れてしまい、適当な標高で大加沢に下降を開始します。
 ザレザレの斜面を下って行きます。
 最初に出てきた踏み跡は獣のものでしょうか?ずっと斜面をトラバースして一向に高度を下げません。無理やり沢床に降りて行きます。
画像

                      (画像提供:Kさん)

 その後は沢を歩いたり岸の斜面を歩いたりしながら下降していきます。沢に水はほとんど流れていません。
 そうこうしているうちに踏み跡が出てきたのは標高600mを切った辺りです。
 
画像


 それを辿ると標高500m程で地図にない林道にぶつかります。
 途中に山の神が祀られています。
 
画像


 林道を辿って行くとすぐに集落に着きます。
 大加集落を通て、奥多摩に向かいます。
 もちろん「むらき」に寄るためです。
 大加の集落はシャガが盛りでした。
 
画像


 ◆地形図 「奥多摩湖」