奥多摩 江戸小屋尾根~鞘口山

 姿や状況が変わっても僕の気持ちは変わりません。 でも、心配ばかりかけてはいけないね。渓や山の話もブログで続けていく事にしましょう。ずっと読んでね。

 2018年1月7日

 今日は「奥多摩の味むらき」で知り立ったKさんと一緒に出掛けます。
 奥多摩駅から歩き、奥多摩病院を目指します。
 奥多摩病院の裏にあるお寺のお墓の中を通り、お墓の一番上から尾根の末端側にトラバースして小さな神社の鳥居がある少し先から尾根に取り付きます。踏み跡は付いています。
画像


 踏み跡を辿って行くと林道にでます。壁についている梯子を上って更に踏み跡を辿って行きます。
 少し行くと小さな鉄塔が立っています。更に奥に続く踏み跡を辿って行きます。
 少し展望が開ける所があります。
 本仁田山方面や奥多摩湖、六ツ石山方面が見えます。
画像

画像


 尾根は登り一辺倒でかなりきついです。
 九竜山の看板は何処かに消えてしまっていて確認できません。
 岩っぽい尾根を下り、ひと登りすると江戸小屋山です。
画像

画像


江戸小屋山を過ぎ、しばらく行くと鋸山が見えてきます。下降は左側に見える尾根を下っていく事になります。
画像


 江戸小屋山からは一旦下って、再び鞘口山(さいくちやま)へきつい登りが続きます。
 やっとの事で鞘口山です。
 鞘口山は御前山と鋸山の稜線上の中間あたりにある山です。
画像


 その後、大ダワでお昼を食べて、鋸尾根を使って下降します。
画像

                        画像提供:Kさん

 奥多摩の味むらきに寄ったのは言うまでもありません。

 ◆地形図 「奥多摩湖」