南アルプス 麻布山~黒法師岳(往復)②

 11月4日

 天気予報によれば静岡は広く晴れるようです。
 必要なものだけ持って出発です。
 踏み跡は落ち葉や倒木などで判りにくい処もあります。
画像

画像

画像


 バラ谷ノ頭の登りで男性2人パーティーとすれ違います。
 バラ谷ノ頭でテントを張ったようなのですが、風が強くて黒法師岳を諦めて降りてきたとの事。
 やっとの事でバラ谷ノ頭に到着します。
 山頂はテント場のようにそこだけぽっかり芝生(ではないが)のようになっています。
 その向こうには黒法師岳が見えます。
 この辺りには「黒法師」と名がつく山が3つあるので頭の中がこんがらがります。
画像


 確かに風は強いです。
 岩菅山で経験した風と比べれば大した事はありません。充分歩けます。
 黒法師岳までは大きく鞍部に降りて行きます。
 鞍部には「水」の標識があります。帰りに汲んでいく事にします。
 黒法師岳には鞍部からは徐々に高度を上げ、山頂近くで急坂になります。
 黒法師岳に近づくにつれて、笹の背丈が高くなり、踏み跡はしっかりしていますが、気を抜くと踏み跡を見失います。
 やっとの事で山頂です。もうへとへとです。
画像


 心の中ではヘリポート平を目指していましたが、疲れてしまって、あっさり目標を次のピーク(黒法師岳南側、標高1812mのピーク)に変更します。
 黒法師岳山頂からは踏み跡が錯綜していてコンパスを頼りに下降していきます。
 この頃から天気予報に反して雲行きが怪しくなってきます。
 思ったより次の鞍部までが長く、次のピークも気持ちの所為か高く見えます。
 何だか嫌になってしまって帰ることにします。「今回はこの位にしといてやら~」とうそぶきます。
 登り返しがきついです。
画像


 やっとの事で黒法師岳山頂に戻ります。
 そこで男女2人のパーティーに会います。レインウエアを着ていてかなり寒そうな格好をしています。
 雨が降ってきた事、風が強い事の情報をもらってテントを張った場所に戻ります。
 黒法師岳を下降し始めると雨が降ってきます。「今日の天気予報はでたらめだな」と感じます。
 鞍部に戻り、更に5分程沢筋を下り、水を汲みます。
画像


 鞍部に戻るとガスも出てきて、バラ谷ノ頭が見えません。風も先ほどより確かに強くなっています。
 風を避けるため稜線よりやや下の踏み跡を辿って行きます。人間とは弱いものです。
 でもそれが間違いでした。
 歩いても歩いても登りにかかりません。あんなに急に降りたのに・・・。
 「おかしい」と思い位置確認をします。
 どうやら南南西の尾根に引き込まれてしまったようです。
 軌道修正してバラ谷ノ頭へ登り返します。
 心の弱さとガスの恐ろしさを知りました。
 テントに変える頃には風も弱まり、雨もパラパラ程度になります。ガスもかなり薄くなります。
画像


 心底疲れてしまって、今日は早めに就寝します。


 11月5日

 今日は気持ちよく晴れている朝です。
 帰りの事もあるので、早めに起きて歩き始めます。
 どこかの山がもう雪をかぶっています。
画像


 帰りは麻布山の三角点にも寄ってみます。
画像


 駐車場までも下山が思ったより長く感じます。
 帰りは浜松市のやすらぎの湯(クリックしてね)でお風呂を借ります。市外者820円はちょっと高いかな?


 ◆タイム 3日 野鳥の森駐車場(麻布山登山口)9:40-麻布山山頂東屋12:12-戸中山ー12:46-前黒法師山13:37-標高1555m付近(幕)14:40  4日 幕場(出発記録なし)-バラ谷ノ頭9:30-黒法師岳10:37-標高1850m付近折り返し11:19-黒法師岳12:21-バラ谷ノ頭14:10-幕場15:33  5日 幕場7:15-前黒法師山8:08-戸中山8:40-麻布山東屋9:08-駐車場12:12

 ◆地形図 「水窪湖」「寸又峡温泉」