北アルプス 大滝山(島々谷川北沢小滝沢より)②

 14日 少し早起きして遡行を続けます。
画像

画像

画像


 標高2100m付近の二俣を右に入ります。
 ここからの地形図を見ると沢は急速に高度を上げています。
 予想した通り滝が現れ始めます。
画像


 いよいよ10m級の滝が現れてしまいます。
 途中まで登りましたが「単独」という事も考えて無理せず右を巻く事にします。
 計画書は行政に提出してありますがここで死んでも誰も私を見つけられないでしょう。それは願いでもあり寂しさでもありますが・・・。
画像


 沢筋に戻ろうかこのまま登山道を目指そうか少し迷いましたが、後者の考えにします。
 この2つの滝以奥は目にする事が出来ない事になります。
 藪の薄い処を選んで登山道を目指します。
 登山道には標高2320m付近で出ました。
 その後は大滝山を目指します。
画像

画像

画像

画像


 小滝沢の源頭部です。
画像


 その後は大滝山荘に寄り、テント場の料金を払います。テント場は大滝山北峰です。
画像


 その足で三角点のある南峰に向かいます。
画像


 テント場に戻ってテントを設営します。テント場からは蝶ヶ岳や槍ヶ岳、その他北アルプスの山々が見えますが、多くの時間で雲により顔を隠してしまっています。
画像

画像

画像


 今日は他の登山者もテントを張っているので(とは言っても他に2人(-_-;))たっぷりお酒を呑んで熟睡です。

 15日 のんびり起きて登山道を下ります。八丁ダルミの森がきれいでした。
 鍋冠山を越え、登山口へ下降します。
 ます茸がびっしり生えている木が2本ありました。
画像

画像

画像


 登山口からは待たせてあった「その日が来たら」号で一気に駐車場まで駆け下ります。

 ◆タイム 13日 冷沢登山口10:01-東マゴゼム沢下降点11:32-東マゴゼム沢出合-11:56-冷沢出合い12:36-標高1570m付近滝の支流14:17-標高1850m付近行動終了(幕)16:20  14日 幕場6:50-標高2100m付近二俣8:30-標高2320m付近登山道10:11-大滝山荘11:35

 ◆地形図 「信濃小倉」(「穂高岳」)

 P・S 緊急連絡先に成って頂いた「さわね」の小松氏に心から感謝をいたします。ありがとうございました。