奥秩父・中津川鎌倉沢

 GWは飯豊か白山に行こうかと思い、「さわね」で一緒に行ってくれる人を募りましたが、誰も居ません。
 とうとう、この冬は雪山登山をしなかった事になります(雪ハイキングはしましたが)。気持ちも萎えってしまったので、山ノ神に誘われるがままに沢に入る事にします。

 2017年5月3日

 実質上の草鞋初めになります。簡単な沢にします。
 現在、もっとも使われている南天山の登山口まで「我が青春のマイベストフレンドⅡ」号で入ります。
 
画像


 少し登山道歩くと眼下に15m滝が見えます。
画像

 
 登山道が沢に近づくとそこが入渓点です。すぐに4m滝があり、越えて行きます。
画像


 すぐの2m滝を越えます。次の5m滝も越えて行きます。
画像


 その後も小滝を幾つか越えて行きます。登山道が沿っています。
画像

画像

画像

画像


 8m滝は右から巻けそうですが左に登山道があるので安易にそれを使います。その上は法印の滝です。20mと言われています。
 続けて登山道を使い巻きます。
画像

画像


 沢に戻り、ナメや小滝を越えて行き、しばらく行くと二俣です。
画像


 二俣を左に入り、荒れた感じの沢を登山道も交えて遡って行きます。
 標識が出てくるとそこは尾根コースと沢コースの分岐です。沢コースはあまり歩かれていないようです。
画像


  標高1130m付近の二又を右に入り、1180m付近の二又も右に入ります。
 沢は大分荒れてきます。
 滝が出てきます。
 この遡行で一番やっかいな滝でした。
 左壁を登り、途中で右に移って登り切ります。そう高い滝ではないですが久々にドキドキです。
画像


 その後はトラバースを含めて適当な斜面を地図を読みながら登って行きます。
 肩に出て、そこからは登山道を使って山頂に向かいます。
画像


 南天山は12年ぶりです。覚えていますか?あの時は北側の広河原沢の山吹沢対岸の尾根から上がって、山頂からは幾つかのピークを縦走したのを・・・。帰りはヘッデンを点けての下山でした。
 優しい思い出を起こしてしまったようです。涙が出ます。
 山頂からの景色です。両神山方向です。
画像


 上信国境方面(?)。遠くの山はまだ雪をかぶっています。
画像


 白泰山方面。標高1500m以上の谷筋には雪が残っている処があります。
画像


 山頂でゆっくりお昼をとってのんびり下山です。
 スピッツの「春の歌」が聴こえてきます。
 春の歌 愛も希望もつくりはじめる 遮るな 何処までも続くこの道を 歩いていくよ サルのままで独り

◆タイム 登山口8:53-入渓点8:57-二俣(標高1020m付近)9:55-登山コース分岐点10:11-山頂12:36

◆地形図 「中津峡」「両神山」